無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
映像変換の方向について

DisplayPort端子、HDMIに形状が似ていてしばしば混同されている方もいらっしゃいます。名前も紛らわしいところがありますね、ディスプレイの端子というふわっとした印象を持たれるのも仕方ないかもしれません。

 

そんなDisplayPortもだいぶ普及してきて、ほとんどのPC/ビデオカードに搭載されているようです。

 

モニターにもDisplayPort搭載製品は出てきておりますが、ほとんどが高解像度対応で高価なものになりがちです。

今まで使っていたモニターがあれば活用したいところ。家庭や職場にもHDMIやDVI、あるいはVGAのモニター/プロジェクターが現役だったりすると思います。

 

店頭でDisplayPortからHDMI/DVI/VGAなどの各種変換アダプタやケーブルが人気なのはそんな背景が伺えます。

 

千石電商でもVodaViewブランドの変換アダプタは特に信頼と実績があり、お客様にオススメしていますし、その他にも安価な製品もあります。

DisplayPort変換アダプタ

MiniDisplayPort変換アダプタ

 

 

さてこの映像信号を変換するアダプタですが、注意する点がひとつ。

基本的に変換は一方通行で逆向きには使えないということです。

 

 

HDMI搭載のPCからDisplayPort搭載のモニターにつなぎたいという事を稀に問い合わせいただくことがあります。

先程紹介した中にあるDisplayPort to HDMIアダプタなどはこういう場合は使えないということになります。

 

なので間違いのないようにパッケージにはDisplayPort to HDMIという書き方や、DisplayPortHDMIといった矢印で信号の向きを表す書き方がされています。矢印表記はメーカーによって解釈の仕方が異なって、コネクタのメスからオスの向きで矢印を書いたりするところもあったりするので販売する側としては悩ましいこともあったりします…。

 

ちなみに先に挙げたモニタ側がDisplayPortになるような変換アダプターはあまり無い、というよりは存在しないようで担当も色々探してみたのですがついに見つからなかったという話。

理屈としてはVGAなど機能の少ない規格から、より多機能な規格であるDisplayPortにするということになるので難しいのでしょう。このあたりUSBを昔のマウス/キーボードのPS2にすることや、Type-C側がメスの変換アダプタにも通じるところがありますね。

 

 

さて信号変換には向きがある、という話ですがこれはDisplayPort関係だけに限りません。

アップスキャンコンバータダウンスキャンコンバータなどがそれに該当し、

入力側がHDMI → 出力側がVGA

入力側がVGA → 出力側がHDMI

入力側がHDMI → 出力側がRCA(赤白黄)

入力側がRCA(赤白黄) → 出力側がHDMI

といったように一方通行でしか使えないので各方向で製品が用意されています。

 

 

つらつら書き連ねてみましたが、逆方向の変換アダプタ/コンバーターを買ってしまい使えない…ということがないように。

お求めになる際は機器側とモニター側の端子をそれぞれご確認していただき、そのコンバーターがどちら向きの変換をするのかという点を確認していただければと思います。

| sengoku-akb | 商品紹介 | - | trackbacks(0) | pookmark |
Trackback
http://sengoku-akb.jugem.jp/trackback/753